English Pages


0260814  

会社案内のページの内容を一部修正いたしました。

1.役員の変更があります。
2.従業員数が変更になりました。
3.売上高を最新の数字にいたしました。
4.地図を更新しました。(クリックで拡大ページが開きます)

 当社は8月12日(金)から8月16日(火)までお盆休みとなります。
17日(水)より通常稼働いたしますので、ご連絡は17日以降にお願いいたします。

 大変遅くなりましたが、2016年のご挨拶を申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今年の元旦の天気は久々に快晴で、初日の出をはっきりと拝むことができました。今年が良い年になるよう手を合わせて祈りました。

 さて、今年一年の言葉は「一簣の功」(いっきのこう)です。

 この言葉を聞いただけでは、何のことかわからないと思いますが、「九仞(きゅうじん)の功を一簣(いっき)に虧(か)く」ということわざなら誰でも知っていると思います。
 高い山を築くのに、最後のもっこ1杯の土が足りないために完成しない。長い間の努力も最後の少しの怠りからだめになってしまうことのたとえとして皆さんは理解していると思います。

 このことわざは、中国の『書経』という書物にある、 「山を為(つく)ること九仞、功を一簣に虧(か)く」に由来します。「九仞の高い山を造るにも、あと一盛りのところで止めてしまえば、山は完成しない。」という意味です。 
 これがもととなって、孔子の言葉を記述した『論語』の中に次のような記述があります。

   子日く、譬(たと)へば山を為(つく)るが如(ごと)し。
   未だ一簣(いっき)を成さざるも、止(や)むは吾が止(や)むなり。
   譬(たと)へば地を平(たひら)かにするが如(ごと)し。
   一簣を覆(くつがへ)すと雖(いへど)も、進むは吾が往(ゆ)くなり。

 (現代文訳)
 孔子はこう言った。人の学問修養は、喩えてみれば山を築くようなものだ。あと一簣(ひともっこ)で山が完成するのに、そこで止めてしまうとする。山は完成しないが、これは誰のせいでもない、自分が投げ出したからである。
 又たとえば、地ならしをする場合に、他でもない、一簣(ひともっこ)を空けただけでも地上が埋まっていき、最後に平らになるのは、自分が進んでやったからである。

 前半の意味は、山が完成しないのは最後のひともっこを積み上げるのを自分が投げ出したせいであるということで、後半の意味は、広大な土地を微々たるひともっこを重ねて平らにすることができるのは、たとえ小さなことでもやり続け、最後のひともっこまでやりぬいたからであるということです。
 「九仞の功を一簣に虧(か)く」ということわざだけを聞くとネガティブな格言のように聞こえますが、孔子はこの例えを使って、自らの出処進退のあり方について、物事が成し遂げられるのも成し遂げられないのも自らの意思による、という意味に昇華しています。

 つまり今年の言葉の「一簣の功」(いっきのこう)は、「仕事を完成する間ぎわの、最後の一踏ん張りのこと」、また、「仕事を完成させるために積み重ねる一つ一つの努力と、その大切さのこと」を意味しています。仕事において、また何事においても最後までやり抜く、最後の一押しを、私たちのやるべき「一簣の功」と考え、この言葉を選びました。

 この言葉のように、粘り強くこの一年間を過ごしていきたいと思います。

ナパック株式会社
社員一同


» 過去の記事を読む

ナパック(株)は、焼結含油軸受、鉄系機械部品、焼結ステンレス部品等の粉末冶金製品や希土類ボンド磁石などの、金属粉末を基盤とした機能材料及び製品を開発・製造しているメーカーです。

NAPAC Co., Ltd. is the manufacturer of an oil-impregnated bearings, sintering ferrous machine parts, sintering stainless steel parts, rare earth bonded magnets... We focus on the development and production of functional materials and products based on metal powders.

IR情報 TKC全国会ホームページへ



 



 

ナパック株式会社
〒399-4117 長野県
駒ヶ根市赤穂14番1823
TEL: 0265-82-5266
FAX:0265-82-5270
E-mail: info@napac.co.jp